乃木坂46の生田絵梨花さんが、12月に東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演されるミュージカル「キレイ ―神様と待ち合わせした女―」に出演することが決定しました。

生田絵梨花さんは主人公・ケガレを演じます。

本作は、大人計画主宰である松尾スズキ・初の本格的ミュージカルとして初演。
戦争・民族紛争・少女監禁といった、独特な設定やストーリーを松尾ならではの視点で描き、演劇界に大きな衝撃を与えました。
その後、2005年に再演、2014年に再再演され、4度目となる今回はキャストを新た豪華出演者が集結!

生田絵梨花は、主人公・ケガレを演じます。

時代を超えて成長し続ける傑作ミュージカルを是非お見逃しなく。

生田絵梨花がミュージカル「キレイ―神様と待ち合わせした女―」に出演決定!…|ニュース|乃木坂46公式サイト

生田が演じるのは主人公のケガレ。「キレイ」の2014年の再々演版を鑑賞して感銘を受けたという生田は、今回の出演に際し「嬉しい気持ちと、未知の世界に飛び込むようなドキドキソワソワ感でいっぱいです。個性豊かな皆さんの下で沢山学ばせていただきながら、精一杯務めたいと思います」とコメントしている。

花を咲かせる異能力を持つ少年・ハリコナ役は、今回が舞台初出演となる神木隆之介が務める。青年・ハリコナ役は小池徹平、食品会社の社長令嬢カスミ役は鈴木杏、特殊な機能を備えたダイズ兵のダイズ丸役は橋本じゅん、ダイズ兵回収業者のカネコキネコ役は皆川猿時。さらにケガレを監禁した主犯で物語のカギを握るマジシャンを阿部サダヲが演じ、ケガレが成長した役どころのミソギをミュージカル初出演の麻生久美子が演じる。

生田絵梨花が舞台「キレイ」で主人公ケガレ役、共演に神木隆之介や阿部サダヲら(コメントあり) – 音楽ナタリー

生田絵梨花 コメント

大人計画さんの舞台は何度か拝見しています。シアターコクーンで上演されたミュージカル「キレイ」は初演、再演をDVDで、再再演は実際観に行かせて頂き感銘を受けました。まさか自分がその作品にケガレ役として出演するとは思わず、とても驚いています。嬉しい気持ちと、未知の世界に飛び込むようなドキドキソワソワ感でいっぱいです。個性豊かな皆さんの下で沢山学ばせていただきながら、精一杯務めたいと思います。楽しみです!

ミュージカル「キレイ―神様と待ち合わせした女―」

上演日程

2019年12月4日(水)~12月29日(日) 東京 Bunkamuraシアターコクーン
2020年1月13日(月)~1月19日(日) 福岡 博多座
2020年1月25日(土)~2月2日(日) 大阪 フェスティバルホール

スタッフ

作・演出:松尾スズキ
音楽:伊藤ヨタロウ
主催 / 企画・製作:Bunkamura / 大人計画

キャスト

生田絵梨花 / 神木隆之介 / 小池徹平 / 鈴木杏 / 皆川猿時 / 村杉蝉之介 / 荒川良々 / 伊勢志摩 / 猫背椿 / 宮崎吐夢 / 近藤公園 / 乾直樹 / 香月彩里 / 伊藤ヨタロウ / 片岡正二郎 / 家納ジュンコ / 岩井秀人 / 橋本じゅん / 阿部サダヲ / 麻生久美子 ほか

あらすじ

三つの国に分かれ、100年もの間、民族紛争が続く“もう一つの日本”。その争いのさなか、民族解放軍を名乗る
グループに誘拐され、監禁されていた少女が、10年ぶりにソトの世界に脱出する。すべての過去を忘れた少女は自ら“ケガレ”と名乗り、ダイズでできている兵士“ダイズ兵”の死体回収業で生計を立てているキネコたち“カネコ組”と出会い仲間に加わる。回収されたダイズ兵を食用として加工するダイダイ食品の社長令嬢・カスミと奇妙な友情で結ばれていくケガレ。戦場をうろつき、死体を拾って小銭を稼ぐ、そんな健気なケガレを見守るのは成人したケガレ=ミソギだった。死ぬことに憧れつつもなかなか死ねないダイズ兵のダイズ丸、頭は弱いが枯れ木に花を咲かせる能力を持つハリコナ、誘拐・監禁することでしか女性と一緒にいられないマジシャンらと出会い、過去、現在、未来が交錯する時間のなかで、ケガレは忘れたはずの忌まわしい過去と対決することになる。

関連リンク

乃木坂46 生田絵梨花 2nd写真集「インターミッション」

発売日:2019年1月22日(火) Twitter 記事