乃木坂46の白石麻衣さんが、映画「スマホを落としただけなのに」の続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」にヒロインとして出演することが決定しました。

白石麻衣さんは、千葉雄大さん演じる主人公の刑事・加賀谷の恋人で新たな事件に巻き込まれていくヒロイン・松田美乃里を演じます。

原作「スマホを落としただけなのに」で華々しい作家デビューを飾った志駕晃さんによるシリーズ第2弾「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が、映画続編として製作決定。
前作で”過去にトラウマを持つ”刑事・加賀谷を演じた千葉雄大さんが主演を務め、獄中の”連続殺人鬼”・浦野を、前作での怪演が話題を呼んだ成田凌さんが演じます。
メガホンを取るのは、前作に引き続き、名匠・中田秀夫監督。
演技力に定評があるキャスト陣の新たな一面を引き出した中田監督のもと、”誰にでも起こりうる身近にある恐怖”、さらに警察組織を巻き込んでのサイバー犯罪を、前作以上のスケールでお届けします。

白石麻衣が映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』に出演決定!!…|ニュース|乃木坂46公式サイト

撮影前に「『喜怒哀楽』の感情表現豊かなヒロインを一緒に作りましょう」と白石に伝えていた中田監督。「『クールビューティー』のイメージのある白石さんに、『キュートで熱い』女性像を演じてもらいたかったからです。彼女は自分の身を投げ打って、千葉さん演じる恋人役の加賀谷を深いトラウマから救おうとし、逆に自ら、女性としての、また生命の危機に瀕します。初めて演じるハードな場面の連続を『全身全霊=ボディ&ソウル』をぶつけて演じ切ってくださり大感謝です」と話しつつ、「ですから私も『えっ! 白石麻衣が、ココまでやる!?』と観客の皆さんに『ドキリ、ゾクリ、ゴクリ』としてもらえる演出を心がけました」と明かしている。

白石麻衣「スマホを落としただけなのに2」ヒロインに! : 映画ニュース – 映画.com

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」

公開年

2020年

スタッフ

監督:中田秀夫
脚本:大石哲也
原作:志駕晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫)

キャスト

千葉雄大 / 白石麻衣(乃木坂46) / 成田凌 ほか

関連リンク

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 [文庫]

発売日:2018年11月16日(金) 映画公式サイト

乃木坂46 白石麻衣出演映画の原作小説。第15回『このミステリーがすごい!』大賞。