乃木坂46の伊藤純奈さんが、来年1月に上演される舞台「阿呆浪士」に出演することが決定しました。

1994年に初演された喜劇作家・鈴木聡さんの代表作であり、パルコ・プロデュースとして上演される今回は、ラサール石井さんが演出を務めます。

一介の魚屋「八」が、赤穂浪士として討ち入りを果たすまでを笑いたっぷり、泪ちょっぴりで描くエンターテインメント時代劇!

伊藤純奈、個人の出演では初コメディです!
皆様、是非劇場でお待ちしております。

伊藤純奈が舞台「阿呆浪士」に出演決定!…|ニュース|乃木坂46公式サイト

舞台「ゲームしませんか?」

上演日

【東京】 2020年1月8日(水)~24日(金) 新国立劇場 中劇場
【大阪】 2020年1月31日(金)~2月2日(日) 森ノ宮ピロティホール

スタッフ

脚本:鈴木聡
演出:ラサール石井

キャスト

八(棒手振りの魚屋) : 戸塚祥太(A.B.C-Z)
田中貞四郎(赤穂浪士の一人):福田悠太(ふぉ~ゆ~)

お直(長屋小町):南沢奈央
大石すず(大石内蔵助の娘):伊藤純奈(乃木坂 46)
スカピン(浪人・八の友人):宮崎秋人
お幸(八の女房):堺小春
喜多川(吉原の花魁) :八幡みゆき
お熊(吉原の遣手):新良エツ子

黒兵衛(赤穂浪士):佐藤誓
一八&吉良上野介(太鼓持ち・八の友人):おかやまはじめ
元禄堂長太(瓦版屋):松村武

浪士たち ほか :おおたけこういち / 西海健二郎 / 堀田勝 / 前田剛司 / 辻大樹 / 安川里奈 / 木下桜 / 立川ユカ子
唸り屋三味蔵 :玉川奈々福 ※1/12(日)、大阪公演については、真山隼人(浪曲)・沢村さくら(曲師)が代演。
おかね(喜多川の母親):竹内都子
大石内蔵助:小倉久寛

内容

喜劇の名手、鈴木聡の傑作、【赤穂浪士】ならぬ、【阿呆浪士】。
一介の魚屋「八」が、赤穂浪士として討ち入りを果たすまでを笑いたっぷり、泪ちょぴりで描くエンターテインメント時代劇。

あらすじ

時は元禄。
とある長屋に住む魚屋の八(はち)は、ある日ひょんな取り違いから赤穂浪士の血判状を手にしてしまう。お調子者の八は、長屋小町のお直の気を引きたい一心で、自分が本物の赤穂浪士だ、と嘘をついてしまう。
一方、大石内蔵助は、風車売りに身をやつし、飄々と暮らしている。大石内蔵助の娘・すずは、いつまでも討ち入りを決行しない父に業を煮やして赤穂から江戸に乗りこんで来る。すずは、お調子者の八を利用し、集まってきたニセモノの赤穂浪士たちと討ち入りを決行しようとするが・・・。

赤穂浪士は赤穂の殿様に忠臣したが、阿呆浪士は阿呆の神様に忠臣する。
武士道でもない、意地でもない。
ノリよく、楽しく、正直に、あっぱれ散った、花の元禄。
乞御期待、『阿呆浪士』。

関連リンク

anan No.2169 2019年10月2日号

発売日:2019年9月25日(水) 公式サイト Twitter 記事

表紙:乃木坂46 白石麻衣・齋藤飛鳥・松村沙友理・堀未央奈・遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめ
乃木坂46 全メンバー43人撮り下ろし!
※セブンネット限定特典付き