本日2月11日(月)にSHOWROOMで配信された「ひらがなからのおしらせ」にて、けやき坂46が3月27日(水)に単独シングルデビューすることが明らかになり、合わせて日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)に改名することがサプライズ発表されました。

さっそく公式サイト公式Twitterも開設されています。

本日の生配信には柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が出演し、さまざまな発表を行った。佐々木久美は冒頭「5つの重大発表があるので聞き逃さないでください!」とファンに告知。その後、まず最初に柿崎から「3月27日に単独シングルデビュー決定」というニュースが発表され、メンバーは一斉に拍手。加藤と佐々木久美は「知ってたのに泣きそうになってる」「夢が叶った」と、けやき坂46としての初の単独シングルリリースを大いに喜んだ。

「デビューシングルタイアップ決定!!」のフリップを堂々と逆さまに出した加藤史帆(中央)。
その後加藤はデビューシングルの表題曲が「メチャカリ」のタイアップ曲に決定したこと、齊藤は3月5日と6日に神奈川・横浜アリーナでデビューカウントダウンライブを行うことを発表。柿崎は「あそこでできると思ったら夢みたい!」と喜び、それぞれ大舞台への意気込みを語っていた。佐々木美玲はグループの単独オフィシャルサイトと公式ファンクラブのオープン、小坂はデビューカウントダウンライブのファンクラブでのチケット先行予約実施をアナウンス。佐々木久美は「発表の時間を皆さんと共有できて、私たちから直接発表できるのがうれしい」とファンへの発表を楽しんでいる様子を見せた。

5つの発表を終え、佐々木久美が「以上ですべての……」と番組を締めくくろうとした瞬間、ステージ袖のスタッフから突然佐々木久美に1通の封筒が手渡され、壇上の6人は「出たーーーー!!」と絶叫。「台本に書いてなかった……」と佐々木久美がうろたえ、6人は手をつないで深呼吸を始めた。ようやく一息つくと、佐々木久美は封筒を開いて中に入った手紙を読み始める。「6つ目のお知らせがあります。詳細は映像を用意しました」というメッセージに続き、6つ目の発表内容が映像で明かされた。

6つ目の発表は単独シングルデビューを機に、グループ名を「けやき坂46」から改めるというもの。新たなグループ名は「日向坂46(ひなたざか46)」、チームカラーは空色であることが発表されると、メンバーは大歓声を上げた。「めっちゃいい! めっちゃよくない?」「かわいい!」とうれし涙を流しながら狂喜し、最後は6人で抱き合って喜びを分かち合った。

【イベントレポート】けやき坂46改め日向坂46、改名&単独デビューに喜び爆発「胸を張って活動したい」(写真9枚) – 音楽ナタリー

関連リンク

日向坂46 デビューシングル「キュン」

発売日:2019年3月27日(水) 公式サイト Twitter 記事